GNG Blog

Welcome to GNG Blog! 株式会社グローバルニュートリショングループの代表取締役“武田 猛”が日々のメッセージをお届けいたします。

2019.2.19.火曜日

GNGニューズレター2月18日号:アサヒグループ食品、50種の成分入り大人用粉ミルクを発売、ほか

コメントは、前号に続き、日本のスポーツニュートリションについて分析をしてみました。

その中で、日本のスポーツニュートリションの」市場規模は米国の1/13であると書きました。
人口は約1/3、サプリメントの市場規模も約1/3です。
スポーツニュートリションは、米国に大きく差をつけられています。
原因はいくつか考えられますが、歴史の長さの違いもその一つではないかと思います。

日本では、スポーツニュートリションの草分け的な存在であるSAVASが発売されたのは1980年ですが、米国のスポーツニュートリションはスポーツニュートリションの生みの親と言われるJoe Weiderが初のスポーツニュートリションサプリメントを自身のフィットネスクラブで販売
開始したのが1940年代と言われています。
その後GNCや専門店でスポーツニュートリション商品が販売され始め、定着化したのが1950年代と言われています。
そのため米国スポーツニュートリション市場は、ターゲット、商品ベネフィット(提供価値)、商品形態、原料・素材、メソッド(サービス)が多様化しています。

また、プロテイン市場の規模も日本の14倍あります。
日本のプロテイン市場も好調ですが、それでもまだまだ差があります。
更に、フィットネスジムに通う人口も、日本の約10倍と推計されています。

いよいよ20日は、New Nutrition BusinessのJulian Mellentin氏の講演です。
プレゼン資料には” food explorers”という言葉がよく出てきます。
またサマリー部分では” Japan is cool!”と締めくくっています。
日本企業が10キートレンドをどのように取り入れれば良いのか、助言があると思います。
10キートレンドレポートでは取り上げられていない事例もあり、まさに最新の話が聞けると思います。
私も今から楽しみにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2019年2月18日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●明治、調製液状乳(液体ミルク)の製造に関わる承認を取得
●大塚製薬、大豆バーSOYJOYブランドから「SOYJOYクリスピー サクラ」を季節限定発売
●森永乳業、「森永アロエ&ヨーグルト 2種の食感 やわらか黄桃」を期間限定発売
●日本初!甘酒に機能性表示食品が登場
●日本初!高めの尿酸値を下げるサプリメント「尿酸サポート」(機能性表示食品)を新発売
●「予防医学を食事から」をコンセプトにした食品ブランド「ドクターズ ナチュラル レシピ」より、100%植物性「ボタニカルライフプロテイン(ほうじ茶味)」が新登場
●アサヒグループ食品、50種の成分入り大人用粉ミルクを発売
●サントリー食品インターナショナル、「デカビタCダブルスーパーチャージ」を刷新
●日本ケロッグ、朝食にもおやつにもぴったりなシリアル「五穀のサクサクカカオ」を新発売
●TPCマーケティングリサーチ、睡眠サポート食品(機能性表示食品)利用者のニーズについて調査結果を発表
●12月の家計調査、サプリは前年比7.9%減に
●氷見市、早稲田大学や森永製菓株式会社と「住民の健康づくりの推進」に関する協定を締結
●山田養蜂場 関西2店舗 リニューアルオープン
●アンペロプシンとキトサンにより血清尿酸値が低下
●緑茶やウーロン茶の摂取、口腔がんリスク低下の可能性
●消費者庁、虚偽・誇大表示の78事業者・83商品に改善要請
●消費者庁、特別用途食品の乳児用調製粉乳1件を許可

2019.2.12.火曜日

GNGグローバルニュース2月12日号:RetailMeNot が2019年小売・販促トレンド予測を発表、ほか

New Nutrition Businessはじめ、各海外メディアがトレンドとして取り上げられることの多い「プラントベース」「ビーガン食品」ですが、加工食品だけでなく、外食産業にも広がりを見せているようです。

今号では、欧米の現状に関するニュースが取り上げられています。

また、プロバイオティクスと母乳の組成に関する興味深い研究結果が報告されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2月12日号トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●Market News ハイライト
RetailMeNot が2019年小売・販促トレンド予測を発表
Nandi Proteins社ら、グルテンフリーのパンの味改善に努力?英国事業の一環
GIFがプラントベースメニューのスコアカード2018年版を発表
Mintelが急成長する英国のビーガン食品市場の今後を分析

●Science News ハイライト
ケルセチンがアスリートの成績、回復を改善する可能性
魚摂取の増加とサプリメント利用でオメガ3指数が上昇する可能性
プロバイオティクスサプリメント摂取で片頭痛の症状・頻度が改善
プロバイオティクス摂取で母乳の組成を変える可能性
高齢者のビタミンD多量摂取が骨密度改善に有効とはいえない

2019.2.4.月曜日

GNGニューズレター2月1日号:白鶴酒造と神鋼環境ソリューションが「ハクツルの健康食品ユーグレナGOLD 発酵毎日」を共同開発、ほか

1月31日、2月1日、神戸大学でiBioK(Innovative Bio production Kobe)主催フォーラム
「腸内から望む先制医療の行方」に参加してきました。
プログラムは大変興味深い内容となっていました。
サイエンティストではない私でもわくわくする内容でした。
そして、光栄にもこの私に特別講演の機会を頂きました。

矢野経済によると「2017年度のスポーツサプリメント市場規模はメーカー出荷金額ベースで474億円、前年度比15.3%増でした。
2015年度以降は毎年度2桁増と大幅な市場拡大が続いているます。
素材別にみると、市場全体の約6割を占めるプロテインが拡大を続けているほか、アミノ酸なども概ね拡大基調である。」とありました。

そこで、今号と次号の二回に分けて、日本のスポーツニュートリション市場について考察してみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2019年2月1日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●明治、「明治THE GREEK YOGURT」シリーズに新フレーバー登場
●ファンケル、「食物繊維」を2月18日に新発売
●ファンケル、噛んで食べられるチュアブルタイプのサプリメント「ハートのビタミンC」を数量限定で発売
●タカミ、プロの支持を集める総合美容サプリメント「タカミサプリ」をパッケージと価格を一新して新発売
●ごはんと比べて、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の低糖質なお米「TRICE(トライス)」から、手軽に食べられる冷凍商品が新登場
●ファンケル、美容サプリ「ホワイトフォース」と美容ドリンク「ホワイトフォース ドリンク」をリニューアル発売
●白鶴酒造と神鋼環境ソリューションが「ハクツルの健康食品ユーグレナGOLD 発酵毎日」を共同開発
●日本ケロッグ、”朝プロテイン”「ケロッグ 大豆プロテイン グラノラ」を発売
●富士経済、天然由来の機能性素材の市場調査と消費者アンケート調査結果を発表
●協和発酵キリンと北海道、生活習慣病対策で連携協定
●「サントリー天然水」ブランドが、国内清涼飲料市場で2018年の年間販売数量トップに
●山田養蜂場、ぶんぶんファクトリーでスズメバチと戦うミツバチの巨大フィギアを公開
●ユーグレナ、世界初となるASC-MSC海藻(藻類)認証を微細藻類ユーグレナとクロレラが取得
●日本ケロッグ、たんぱく質に関する意識調査
●ハナマルキが慶大およびサッカー元日本代表選手が代表を務める企業と共同で、塩こうじ摂取の研究成果を発表
●「ギムネマ酸」のサプリ、有効性も安全性も信頼できる情報なし~国立栄研
●丸大食品、鶏肉由来プラズマローゲンに認知機能の向上作用があることを確認
●明治、高カカオチョコレートの血糖値に対する影響を確認
●サプリメント広告で景表法違反、はぴねすくらぶに措置命令