GNG Blog

Welcome to GNG Blog! 株式会社グローバルニュートリショングループの代表取締役“武田 猛”が日々のメッセージをお届けいたします。

2012.9.26.水曜日

(株)インテージ「健康食品」セミナー

(株)インテージさん主催の「健康食品」セミナー、『健康食品 最新事情を考える』で講演をさせていただきました。
テーマは「”顧客視点”の商品戦略」ということで、インテージさんが実施された消費者調査の結果の一部をレビューさせて頂きながら、商品開発の考え方をお話ししました。
80名を超える方が聴講して下さいました。

インテージさんの実施された消費者調査の結果は大変興味深く、健康食品利用者は52%、ユーザーの満足度は非常に高く、74%の方が概ね満足している、という結果が出ています。更に、1年以上利用している方の割合は6割、継続意向も8割以上とロイヤルユーザーが多い事もわかりました。

一方で、健康食品のポテンシャルはまだまだ高く、約2兆円の潜在市場がある事も今回の調査で分かりました。
もちろん、年齢層やターゲットカテゴリーによって差はありますが、消費者の方はもっと健康食品にお金をかけても良い、と思われているようです。
期待に応えるためにも、もっと魅力的な商品、サービスを提供していくことが必要です。

2012.9.19.水曜日

GNGニューズレター9月18日号:味の素、「ロイシン高配合必須アミノ酸混合物」の筋肉疲労に対する早期回復効果を確認ほか

既にご案内済みですが、来週火曜日(25日)に(株)インテージさん主催のセミナー、「~健康食品 最新事情を考える~」が開催されます。
今回のセミナーでは、インテージさんが実施された大規模消費者調査の結果を活用させて頂きながら、「顧客視点の商品戦略」というテーマで
お話しさせて頂く予定です。

また、
「“健康”を取り巻く世界のヘルスケアの潮流と今後の方向性」
 株式会社インテージ 執行役員 兼 多摩大学准教授 笠原 秀隆 様

「健康食品データを活用したマーケティング活動 ~次の打ち手を考える~」
 株式会社インテージ  エグゼクティブコンサルタント 新川 博己 様

という、興味深いお話しも聞く事が出来ます。

今号では、このセミナーで使用させて頂く調査結果をご紹介しながら、現在の健康食品ユーザーの実態に迫ってみました。
6月に発表された消費者委員会実施の調査結果との比較も交えながら概要をご紹介します。
楽しんで頂ければ幸いです。

※セミナー詳細URL:https://entry.intage.co.jp/public/seminar/view/44

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2012年9月18日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●明治、「VAAM」シリーズから運動の合間に気軽に食べられる「ヴァームグミ」を発売
●伊藤園、なめらかな味わいの栄養機能食品「毎日1杯の青汁」を発売
●味の素、「ロイシン高配合必須アミノ酸混合物」の筋肉疲労に対する早期回復効果を確認
●ヤクルト、ベトナムハイフォン市で「ヤクルト」の販売を開始
●クロス・マーケティング、栄養ドリンクに関する調査結果を発表
など

2012.9.4.火曜日

GNGニューズレター9月3日号:明治、活力系ヨーグルト「明治エナジーヨーグルト」を期間限定発売、ほか

先月24日に、厚生労働省から「平成23年度 医療費の動向」調査結果が発表されました。
23年度の医療費は22年度より1.1兆円増の37.8兆円となりました。
毎年約1兆円増のペースが続いており、深刻な状況です。
人口10万人の坂戸市で実施された「さかど葉酸プロジェクト」では2年間で医療費・介護費を22億円節減した実績があります。
米国におけるサプリメントによる予防(健康維持)政策への取り組みを整理してみました。
米国での実績や情報を国内の予防政策への活用することが期待できます。