GNG Blog

Welcome to GNG Blog! 株式会社グローバルニュートリショングループの代表取締役“武田 猛”が日々のメッセージをお届けいたします。

2012.7.18.水曜日

GNGニューズレター7月17日号:味の素、オリンピック終了後にスポーツサプリメント「アミノバイタル GOLD」を発売、ほか

この度の九州北部豪雨により被災された皆様にお見舞い申し上げます。

先日、日頃お世話になっている滿尾先生のクリニック(滿尾クリニック)で「抗加齢ドック」を受検しました。
日頃摂取しているサプリメントがどのように影響しているか知る事が出来ました。

一番気になったのが25(OH)D3です。
2年半以上、毎日欠かさずV.D3を2,000IU摂取してきました。
25(OH)D3の至適濃度が30~60ng/mlとの事ですが、結果は31ng/mlでした。
毎日2,000IUでこの数値か、というのが率直な気持ちです。
次に血中オメガ3濃度です。
こちらも毎日魚油サプリメントを飲み続けていますので、結果が楽しみでした。
EPA127.3ng/ml、DHA243.7ng/mlと基準値(それぞれ60~、120~)を超えていましたが、血中アラキドン酸が270.1ng/mlもあり、オメガ6/オメガ3が基準値に入りませんでした。
折角オメガ3サプリメントを摂取しても、オメガ6を減らす努力を相当しないといけない事がわかりました。
ビルベリーなど抗酸化サプリメントを摂取しているお蔭で、酸化ストレスマーカーの8OHdGは十分基準値に入っていました。
マルチミネラルを欠かさず摂取していますので、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、亜鉛もしっかり基準値内でした。

日頃摂取しているサプリメントがちゃんと体内に吸収され、血中に入って作用していいてくれる事が確認出来、とても嬉しかったですし、更に継続していく動機付けにもなりました。

全てのサプリメントが体感できるわけではありません。
しかし、血中濃度を測る事で自分に足りているのかいないのか、生活習慣(食習慣)による栄養状態はどうなのかを知る事が出来る事は大きなメリットだと思います。
現在、これらの検査は保険適用ではありません。
未だどの国も経験した事の無い超高齢社会を迎えるに当たり、血液検査により栄養状態を確認することはとても意義があると思います。
廉価で測定できる技術革新が起こる事を願ってやみません。

先の衆院で「税と社会保障の一体改革関連法案」が可決されました。
参院を通過する事もほぼ間違いないと思います。
消費増税の可処分所得に与える影響を試算したレポートが出ていましたので、その概要をまとめてみました。
生活防衛意識、健康防衛意識が高まる事は間違いないと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2012年7月17日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●森永製菓、エネルギーを効率的に補給するドリンク「ウイダー ALL CHARGE」を発売
●ファンケル、ゼリー飲料タイプのゴルファー向けサプリメント「バーディラッシュ」を発売
●味の素、オリンピック終了後にスポーツサプリメント「アミノバイタル GOLD」を発売
●カゴメ、運動前又は中間のトマトジュース摂取で疲労が軽減されることをマウスで確認
●近畿大学、ザクロ果汁成分エラグ酸にレジスチン分泌抑制作用発見、糖尿病予防の可能性
など

2012.7.4.水曜日

GNGニューズレター7月2日号:ファンケル、鳩龍緑茶エキスを新配合し「カロリミット」をリニューアル発売、アプリ提供、ほか

伊藤元重さんの著書の中に次のような内容の事が書かれていました。
「日本の人口が縮小していく中で、多くの産業において、売り上げで減少傾向の動きが見られるようになるだろう。「自分たちの産業は、これから10年で、売上規模が20%近く縮小することが予想される。
そうした市場の中で、どうして売上を伸ばすことができるだろうか」。
多くの企業はそう考えているようだ。
しかし、この考え方は正しくない。
産業全体で売り上げが20%縮小するということは、個々の企業の売上も20%縮小するということではないことが多い。
それどころか、全体の売上が20%縮小するような産業では、その中の企業数が30%ほど減少し、残った企業の売上が10%ほど拡大するかもしれないのだ。」

GNGでは、日本企業の海外進出のお手伝いをしていますが、逆に海外企業の日本参入のお手伝いもしています。
レギュレーションや商習慣の違いで躊躇する企業も多いのですが、緻密な調査、戦略立案を経て万全を期して参入する企業も少なくありません。

伊藤さんは、著書で日本マクドナルドの事例を上げています。
日本マクドナルドは、日本国内でしか商売が出来ません。それにも関わらず6期連続で営業利益を伸ばし、2011年は上場来過去最高益を達成しています。

ダノンジャパン、レッドブルジャパンもグローバル企業でありながら国内市場のみでしか展開が出来ません。
そのような中、「Bio」「レッドブル」ともに100億円(企業売上)を突破し、業績を上げ続けています。

今号では、グローバル企業の日本国内での展開について、少しまとめてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2012年7月2日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ファンケル、鳩龍緑茶エキスを新配合し「カロリミット」をリニューアル発売、アプリ提供など
●伊藤園、ノンカロリーの「トクホ」炭酸飲料「Stylee Sparkling」を発売
●アサヒグループHDなど、「筋骨草エキス」が関節痛を和らげるメカニズム確認
●消費者庁、「黒烏龍茶」CMに改善要請
●NTTレゾナント、「gooヘルスケア」で、健康食品に特化した口コミ投稿・閲覧、価格比較コーナー開設
など