GNG Blog

Welcome to GNG Blog! 株式会社グローバルニュートリショングループの代表取締役“武田 猛”が日々のメッセージをお届けいたします。

2011.12.25.日曜日

GNGニューズレター12月16号:アイリスオーヤマ、「還元型 コエンザイムQ10シリーズ」サプリメント6種類を発売、ほか

東北の企業、アイリスオーヤマがサプリメント事業に参入しました。
「メーカーベンダー」というユニークな位置付けで急成長をした同社ですが、15年前、当時通っていたビジネススクールでのケースにもなり、大山健太郎社長のお話しを聞いたり、仙台の工場見学もさせて頂いた事を懐かしく思います。
当時はプランターなどプラスチック製品を中心にホームセンターやドラッグストアでのシェアを急激に伸ばしていました。
ちょうどドラックストアでのサプリメント販売が伸びていた頃でしたので、「健康食品もやればいいのに」と思っていました。

サプリメント業界に新旋風を巻き起こすのか、楽しみです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2011年12月16日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●伊藤園、体脂肪とコレステロールの2つの健康強調表示許可を得た「2つの働き カテキン烏龍茶」を発売
●アイリスオーヤマ、「還元型 コエンザイムQ10シリーズ」サプリメント6種類を発売
●富士フイルム、マルチサプリメント「レスベラトロール in オキシバリア」を発売
●カゴメ、トマトジュースの継続的な摂取が男性不妊患者の精子の運動率などを改善することを確認
●パテント・リザルト、機能性食品特許総合力ランキングを発表
●富士経済、健康美容食品の国内市場調査結果を発表
など

2011.12.5.月曜日

GNGニューズレター12月1号:ヤクルト、インドで拡販、ほか

週刊ダイヤモンド12月3日号の特集は「「人口」を見れば世界が読める」でした。
サブタイトルは「次の40年の成長市場はここだ!」で、ポストBRICsや、「中国失速 インド台頭」「“アジアの奇跡”の終焉」など興味深い内容です。
一方、11月28日日本経済新聞には「忍び寄る「老いるアジア」」というショッキングなタイトルの記事が掲載されていました。

GNGニューズレターでも人口問題とニュートリション 産業の機会について何度も考察して来ましたが、今回は2004年/2010年の人口増加率とサプリメント市場成長率の関係を見てみました。
思ったより急速に高齢化するアジア市場における日本企業の機会について考えてみました。

サプリメント市場では後発となる日本企業にチャンスはあるのでしょうか?

グローバルニュートリション研究会主宰  武田 猛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2011年12月1日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●サントリーウェルネス、「オメガエイド」新発売
●亀田製菓、炊飯用・無洗米タイプ腎臓病患者向け低たんぱく質ごはん「キッセイゆめ1/25」を発売
●アサヒフードアンドヘルスケア、おいしくエネルギー補給できるバランス栄養食「GATZUN」を発売
●ゼリア新薬、コンビニ向け肝臓エキス・ウコンエキス配合ドリンク「ヘパリーゼW」を発売
●カゴメ、リコピンが骨の破壊を抑制することなど解明
●カルピス、乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカス発酵乳の「記憶力向上」作用を確認
●富士経済、2011年の清涼飲料市場の調査結果を発表
など