GNG Blog

Welcome to GNG Blog! 株式会社グローバルニュートリショングループの代表取締役“武田 猛”が日々のメッセージをお届けいたします。

2011.1.24.月曜日

NNBマガジン12月&1月合併号(Vol.2):2011年の食品、栄養、健康市場において鍵となる10のトレンド−後半(ミクロトレンド)

NNB10キートレンドに続き、ミクロトレンドとして8つのトレンドが紹介されています。
ミクロトレンドとは「現在の成長率は、キートレンドと比較するとスローなものであるが、今後テクノロジーやマーケティング戦略により成長ポテンシャルがある第2 のトレンド」として定義されています。

キッズニュートリション、オメガ3、など日本に波及しそうなトレンドもありますが、注目はビタミンDとサルコペニアをターゲットにしたプロテインの展開が興味深いです。

ビタミンDには比較的早くから注目してきましたが、今回、NNBのトレンドとして取り上げられました。
18日(火)には、AIFNの新春記念セミナーではテーマをビタミンDとして、味の素顧問の高橋先生、満尾クリニック満尾先生にご講演頂きました。
大変興味深いお話で、私もさっそく米国で購入してきた2200IUのサプリメントを飲み始めました。
注目すべきは推奨量で、日本の栄養機能食品の上限値は200IUですが、その10倍量を摂る必要があるという事には驚きです。

恥ずかしながら、サルコペニアという言葉を知りませんでした。
サルコペニアとは、加齢により骨格筋の筋肉の量や筋力の低下が生じることで、転倒による骨折のリスクが高まります。
高齢化が進む中、自立した生活を送るためにもプロテインの摂取が重要であり、そこにビジネスチャンスがあるという訳です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■NNBマガジン2010年12月&2011年1月号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2011年の食品、栄養、健康市場において鍵となる10のトレンド
<ミクロトレンド>
Micro Trend 1. プロテイン
Micro Trend 2. 乳製品における改革
Micro Trend 3. ビタミンDの台頭
Micro Trend 4. コレステロール低下商品
Micro Trend 5. キッズニュートリション-ナチュラルさが勝負
Micro Trend 6. プロバイオティクスの新しいニッチ市場
Micro Trend 7. リラクゼーション/ストレス
Micro Trend 8. オメガ3

New Nutrition Business誌についてはこちら。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/world_info01.html

2011.1.16.日曜日

米国出張 番外編

今夏の出張はトラブル続きでした。。。

Salt Lake Cityのホテルに着いたら、入っているはずの予約が入ってなく、チェック・インに時間がかかってしまいました。
GOEDの事務局の手違いだったようですが、お詫びのフルーツが部屋に届きました。

プレゼンテーションの通訳の方との連絡が一向に取れずに現地入りし、不安はあったのですが、その不安は現実となりました。
プレゼンテーション当時になりようやく通訳の方から連絡があり、プレゼン資料を送って欲しいと依頼がありました。
3時間後にはプレゼンが始まるのに、ずいぶん余裕だな、と思いました。
プレゼン1時間になっても会場に来られないので電話したところ、「え、今日なんですか?17日(月)と聞いていましたが」との事。
GOEDの事務局の方が説得し、ぶつけ本番でやることに。
到着されたのは5分前。
立ち話でポイントのみ説明し、本番へ。
さすがプロです。
若干かみ合わない所はありましたが、時間内でプレゼンを終える事ができました。
GOEDの皆さんも恐縮されていましたが、事なきを得たので、笑顔で握手。

そして、Salt Lake CityからLos Angelesへ移動。
出発直前に搭乗口が変更にはなりましたが、予定通りLAXへ。
Baggage Claimで待てど暮らせど預け荷物が出てきません。
周りを見ると、Salt Lake Cityから来たお客さんも同様でした。
約1時間待っても出て来ないので、手荷物案内窓口で手続きをしてホテルへ。
明日、日本に向けて出発ですが、今夜中に届くかどうか・・・。

ANAのグローバルアシスタンスへ相談の連絡をしたところ、「ANAで購入していないチケットへの対応は出来ない」とそっけない返事。
一応、スーパーフライヤーズのメンバーなのに。
チケットを購入したH.I.Sの連絡先がEチケットにも載ってなく、連絡不可能。
そこで、AMEXのオーバーシーズ・アシスタントへ電話しました。
とても手稲に対応して頂き、日本のUAと連絡を取って、対応を連絡してくれる事になりました。
そして、万一荷物が間に合わない場合の対処方法も細かく教えてくださいました。
これで一安心。
1時間後に連絡があり、荷物はSan Franciscoに行ってしまったようでした。
確か、変更された搭乗口は、その後San Franciscoへ行く便が掲示板に掲示されていました。
AMEXの方はここでも丁寧に説明して下さり、何の責任もないのに荷物が届かない事を謝罪して下さいました。
感謝、感謝です。

海外で困った事があっても、旅行代理店や航空会社は全く頼りにならない事が今回のトラブルを通してよくわかりました。
全てのカード会社がそうかはわかりませんが、AMEXは本当に頼りになるし、何より安心する事が出来ました。
これからは、AMEXから航空券を買う事に決めました。

いろいろ有った米国出張でした。

2011.1.16.日曜日

米国出張 GOED Exchange 2011 Omega-3 Conference

13日、14日にSalt Lake Cityで開催されたGOED Exchange2011 Omega-3 Conferenceに参加してきました。
オメガ3に関連する企業、団体、研究者が、世界中から集まるカンファレンスです。
2日間かけて、市場オーバービュー、供給ソース、サスティナビリティ、サイエンス、レギュレーション、マーケティングについてのセッションが設けられました。
参加者は200名に達していました。

主催者であるGOED(Global Organization for EPA and DHA Omega-3s)のExecutive Director であるAdam Ismail氏は古い友人ですが、これだけのイベントを開催しました。
凄い男です。
Adamの依頼で私も「Regulatory Status in Major Asian Countries」のいうテーマで講演をしました。日本、中国、韓国、台湾の主な規制と市場概要を話しました。

次回は日本で開催したいとAdamは言っていましたが、実現できるように私もお手伝いしたいと思っています。

2011.1.12.水曜日

NPI Center ニューズレター1月13日号: 欧州委員会、DHAと眼に関するヘルスクレームを承認、 ほか

欧州委員会は、欧州健康強調表示の小児関連表示(第14条)におけるDHAと12ヶ月以下の乳児の眼の発育の関連性について、健康強調表示として認めることを発表しました。
しかし、DHAと脳の発育に関連した表示は却下され、アラキドン酸と脳の発育に関連した表示は決定が延期されました。

EFSAのによる評価では、DHAが「乳幼児の視覚発達に寄与する」と科学的根拠が認められた結果です。

認められたDHAと眼の発育に関する表示は、12ヶ月以下の乳児向け製品において使用が許可されます。

13日14日と、米国Salt Lake CityでGOED(Global Organization for EPA and DHA Omega-3)主催のオメガ3カンファレンスが開催されます。
私もスピーカーとして参加しますで、最新のオメガ3市場の動向を探ってみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1月11日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Product News ハイライト
Dean Foods社、カロリー、砂糖量をカットする大幅リニューアルを実施
スナックブランド「Kettle」より、小袋タイプの100カロリー商品登場
米Dole社、日本の朝バナナダイエットを参考にしたダイエットプランを提案
米マクドナルド社、ヘルシーな「Fruit & Maple Oatmeal」を新発売
北米で初のプロバイオティクスパン発売

●Regulatory News ハイライト
「BioAstin(R)」アスタキサンチンがGRAS認証を取得
欧州委員会、DHAと眼に関するヘルスクレームを承認
米食品安全検査局、肉製品にも栄養表示を義務付ける規則の制定へ

●Research Newsハイライト
PepsiCo社、ニュートリション研究をさらに強化
大豆商品の長期摂取の危険性に関する調査

●Market Newsハイライト
DuPont社、Danisco社を63億ドルで買収

●NPIアジアニュース
インドでオーガニックの業界団体発足

NPIニューズレターについてはこちら。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/world_info02.html

2011.1.11.火曜日

GNG設立7周年記念

今日、5年来お世話になっているお客様から、立派な胡蝶蘭が届きました。

「設立7周年おめでとうございます」のカードと共に戴きました。

長い間お世話になってきたお客様からお祝いを頂き、本当に嬉しかったです。

そのお客様は現在14期で、弊社より大先輩です。
また、日本を代表する通信販売の会社さんですから、売上規模も社員さんの数も弊社の○百倍です。

このように、取引先に対しても細やかな心配りをして下さっている会社さんですから、自社のお客様へのお心遣いは本当に素晴らしいんだと思います。

その結果、現在は200万人以上のお客様がいらっしゃる、素晴らしい会社さんです。

弊社も微力ながら発展のお手伝いをさせて戴く所存です。

とても嬉しく、かつ決意を新たにした1日でした。

K社長様、本当にありがとうございました。

2011.1.5.水曜日

GNGニューズレター 2011年新年特別号

新年明けましておめでとうございます。
2011年のスタートです。

2010年の健康食品市場(サプリメント市場)は、昨年に引き続き成長したようです。
最終的な推計にはもう少し時間と情報が必要ですが、昨年成長率(3%)を上回ったものと思われます。

印象的だったのは、ダイエット食品市場で大きな変化が起こった事でした。
昨年のニューズレターでもお伝えしましたが、ディーエイチシー「プロティンダイエット」が売上高でも「マイクロダイエット」を大きく引き離してダイエット食品No.1となった事です。
ニューズレターコメントでも少し述べましたが、価格のコストパフォーマンス機能を有効に伝える事が出来、その結果顧客数を大きく伸ばす事が出来た結果と思います。

また、肝機能サポート市場、美肌(コラーゲン飲料)市場も二桁成長と大いに成長しましたが、トップブランドの一人勝ち、の様子が窺えます。

また、横ばいが続いていたDHAサプリメント市場も久々に 5%成長しました。
但し、こちらもサントリーの一人勝ちで、シェアを一段と伸ばす結果となりました。

優勝劣敗がはっきりした2010年だったのではないでしょうか。
その原因を予想し、2011年の活動に役立つと思われるコンセプトをまとめてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2011年新年号トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2010年健康食品トップ10企業及び販売チャネル動向
●注目市場動向
●特定保健用食品の市場動向
●新素材、注目素材動向
●行政、法規制、製品表示等の問題
●企業動向
●その他のトピックス

GNGニューズレターについてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/info_service.html#gyoukai
グローバルニュートリション研究会についてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54