GNG Blog

Welcome to GNG Blog! 株式会社グローバルニュートリショングループの代表取締役“武田 猛”が日々のメッセージをお届けいたします。

2010.1.29.金曜日

海外新着情報 2010/1/28

1/21〜1/27の海外新着情報です。

▼Skinny Water(R)、アイルランドとイングランドに上陸(2010/1/25)

▼Yoplait(R)から、様々な栄養素を強化したヨーグルト「YoPlus(TM)」登場(2010/1/25)

▼DSM Nutritional Products社のユニークなビタミンD原料「Quali-D(R)」(2010/1/25)

▼ヤクルト本社、米国での生産を2012年に開始(2010/1/26)

▼ザクロオイルと海藻の混合原料が肝臓の健康とウェストサイズダウンに効果(2010/1/25)

DSMが、食品・飲料用途のビタミンDの発売しました。
欧米でビタミンDブームが起きる可能性大ですね。
日本でも同じようなムーブメントが起きる予感がします。

グローバルニュートリション研究会のご案内はこちら

http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2010.1.26.火曜日

NPIcenter ニューズレター1月26日号:Pharmachem社の「Phase2」に新"フェーズ"登場、ほか

今号も興味深い記事が多いです。

米国で新しいウェイトロス原料が発売されました。
「食欲抑制」というベネフィットは市場に定着してきたようです。
Phase2 Carb Controllerという強力なブランド原料を有するPhamachem社が満を持しての発売のようです。
ブランド原料のマーケティングには定評のある同社ですから、中長期的な視点で考えていると思います。

中国の肥満に関する記事も出ていますが、中国の過体重(BMI25〜30)人口はダントツの世界一です。
BMI30以上の肥満人口もアメリカに次いで世界第2位です。
中国のウェイトマネジメント市場の潜在性には、計り知れないものを感じます。

原料企業のMartek社が、サプリメントブランド企業のAmerifit社を買収したのは興味深いですね。
ESTROVENという強力なブランドを有する優良企業なだけに、今後の動向には目が離せません。

アジアでは、タイ市場が活発なようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1月26日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Product News ハイライト
MonaVie社、免疫サポート原料「Wellmune(R)」を配合したジュース飲料「MonaVie (M)mun」を発売
Jarrow Formulas社、6種のプロバイオティクス菌を配合したサプリメント発売
True Botanica社、卵殻膜や軟骨エキスなど配合のジョイントヘルスサプリ発売Pharmachem社の「Phase2」に新”フェーズ”登場

●Research Newsハイライト
アスリートの多くはプロテインサプリメントを乱用
スーパーフルーツ新製品数、2009年は減少―Mintel社調査より
2009年中国での薬物有害反応報告は63万件超

●Regulatory News ハイライト
Jarrow Formulas社、Probi社とLp299v製品の独占販売提携

●Market News ハイライト
中国、全粒穀物の食品を推奨

●NPIアジアニュース
<タイ新製品情報>
コラーゲン、グレープシードエキス等を配合した美容コーヒー発売
子供向けオメガ3サプリメント発売

NPIニューズレターについてはこちら。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/world_info02.html

2010.1.24.日曜日

GNGクレド

昨年10月9日に、スターブランド株式会社の村尾隆介さんが講演された「小さな会社のブランド戦略」に出席しました。
今まで、会社のブランディングという発想が無かったので、会社のブランディングの重要性を認識しました。

その後、GNGのビジョン、ミッション、コーポレートメッセージを作ると共にGNGクレドも作りました。こ
これは、私一人だけでなく、スタッフにも参画してもらいました。

今年、GNGは第7期ですが、「ブランディング元年」と位置付けて、ブランディングを意識して仕事をしていきます。

GNGクレドを作った効果は早くも現れ、私自身もぶれたり悩んだりする事もなくなりました。

GNGクレドの項目は次の通りです。

1.クレドについて

2.プロフェッショナルとは

3.お客様について

4.仕事のクオリティへのこだわり

5.会社の数字

6.人として

7.チームワーク

8.人財

9.報告

10.記憶より記録

11.3つの責任

12.笑顔

13.感謝の気持ち

14.クレドの受け入れ

私は財布の中にいつも入れています。移動中など空き時間に見直すようにしています。

クレドは、ビジョンやミッションを実現する為のワーキングツールとしてとても重要である事が解りました。

今後も自分たちの存在意義を考え続け、クレドも進化させていきたいと思います。

会社のブランディングの大切さを教えて下さった、スターブランド社の村尾さんに感謝です。

2010.1.22.金曜日

海外新着情報 2010/1/21

1/14〜1/20の海外進捗情報です。

▼True Botanica社、卵殻膜や軟骨エキス他配合のジョイントヘルスサプリ発売(2010/1/19)

▼アスリートの多くはプロテインサプリメントを乱用(2010/1/20)

▼スーパーフルーツ新製品数、2009年は減少―Mintel社調査より(2010/1/19)

▼2009年中国での薬物有害反応報告は63万件超(2010/1/17)

スーパーフルーツもそろそろ飽和感が出てきたようです。
情報は常にアップデートする事が大切だと思いました。

これからも、最新情報をお伝えしていきたいと思います。

グローバルニュートリション研究会のご案内はこちら

http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2010.1.18.月曜日

GNGニューズレター1月18日号:ケンコーコム、2009年の「売れ筋健康食品番付」を発表 ほか

富士経済、矢野経済から2008年の健康食品市場の調査結果が発表されました。
市場の定義がそれぞれ違いますので、内容をしっかり見極めた上で活用しなくてはなりませんが、両社ともやや少なめに算出されているように思います。
GNGの分析では対前年約3%増しの9,900億円と推定しています。
GNGニューズレター新年号でも述べましたが、販売数量は約7%増加したと推定しています。
また、チャネル間の明暗は無く、同じチャネル内での明暗が大きいように見受けられます。

機能性食品については約2%のマイナスと見積っています。
ご存じの通り、トクホが初めて前年割れをしたと報道されていますが、内容を良く見てみますと、「整腸」訴求は総じて好調で、「骨の健康」訴求含めて、ベーシックな商品の人気が手堅いようです。
売上トップ20商品の内、生活習慣病訴求は「黒烏龍茶」1商品だけでした。
これらは対前年という短いスパンで見ていますが、3年、5年というスパンで見ると、また違った発見があります。

また、医薬部外品、サービスなど業界を超えた競争も無視できません。
「市場シェア」だけでなく、「ワレットシェア」「タイムシェア」も良く考えた上で、商品やサービスを考えなくてはなりません。

顧客視点のマーケティング・ミクスである4Cを見直したいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2010年1月18日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●アサヒ飲料、希少品種「べにふうき」茶葉含有の「アサヒ 緑茶 いぶき」をリニューアル発売
●伊藤園、緑茶カテキンとビタミンC含有の「ビタミンカテキンウオーター」を発売
●ハウス食品、女性を足元からサポートする軽快ウォーク飲料「SASSO」を発売
●明治製菓、「ザバス パワーアミノ2500(10包/3包/700粒/250粒)」を発売
●ケンコーコム、2009年の「売れ筋健康食品番付」を発表
●矢野経済研究所、健康食品市場に関する調査結果を発表
●富士経済、健康食品とサプリメントの機能志向食品16効能の市場調査結果を発表

GNGニューズレターについてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/info_service.html#gyoukai
グローバルニュートリション研究会についてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2010.1.14.木曜日

海外新着情報_2010/1/14

1/7〜1/13の海外新着情報です。
今週も面白い情報が入ってきています。

▼Emerald Forest Sugar社、キシリトールを国内生産に切替(2010/1/13)

▼Pharmachem社の「Phase2」に新”フェーズ”登場(2010/1/13)

▼Jarrow Formulas社、Probi社とLp299v製品の独占販売提携(2009/1/10)

▼米バーガーキング、メニューにグルテン情報を表示(2010/1/8)

意外な事に、米国では日本以上にチャイナ・フリーの動きが大きいです。
特に、米国原料販売企業は中国以外のソースを探しています。
日本企業にも新しいチャンスが有ると思います。
コストが高くても、それに見合う価値を伝える事が出来れば可能です。

グローバルニュートリション研究会のご案内はこちら

http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2010.1.12.火曜日

NPIcenter ニューズレター1月10日号:ビタミンD不足で心臓疾患や脳卒中による死亡率が増加、ほか

2010年、最初のNPIニューズレターのご案内です。

ビタミンDについて興味深いニュースが入ってきています。
University of Rochester Medical Centerの15,000人以上の大規模な研究結果では、ビタミンD不足が、心疾患や脳卒中による死亡率を高めると報告されています。

American Journal of Medicine2009年9月号でも、ビタミンD不足は世界規模の問題であると注目していて、米国の健康な成人の36%、入院患者の57%がビタミンD不足であると報告されています。

今年もビタミンDの注目が高まりそうです。

NPIAsiaでは、香港のレギュレーションについて紹介されています。

香港は、成長著しいアジアの中でもホットな市場の一つとされています。

しかし、サプリメントに関する規制は少し複雑なようです。

当たり前ですが、香港では中国の保健食品制度の適用を受けません。

台湾、中国、香港の3カ国の市場は密接な関係にあります。

それゆえ、独自の戦略が求められます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1月10日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Product News ハイライト
iSatori Technologies社、持続性の高いアミノ酸サプリメントAmino-Phaseを発売
Enzymatic Therapy社、レスベラトロール高含有の「Resveratrol-forte(R)」発売
Nordic Naturals社、発泡性タイプの魚油サプリメントを発売
AHD International社ら、LuraLean(R)含有の「Red Stuff(TM)」を新発売

●Research Newsハイライト
ビタミンD不足で心臓疾患や脳卒中による死亡率が増加
シチコリンで食欲減退、ウェイトロス効果も期待
ビタミンCで、成人細胞から幹細胞を再生成?

●Regulatory News ハイライト
米FDA、Sabinsa社「SelenoForce(R)」のNDI届出を正式受理

●Market News ハイライト
世界のニュートリション産業規模は約2,700億ドル−NBJ推定

●NPIアジアニュース
香港におけるサプリメント規制概要

NPIニューズレターについてはこちら。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/world_info02.html

2010.1.7.木曜日

海外新着情報2010/1/7

今年最初の海外新着情報です。

ビタミンDについて、大変興味深いニュースが入ってきています。

ビタミンD欠乏症は、従来の栄養学の常識を超えたもののようです。

日本ではあまりニュースになりませんが、注目に値するニュースだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■海外新着情報(12/25〜1/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼Nordic Naturals社、発泡性タイプの魚油サプリメントを発売(2010/1/5)

▼CytoSport社の「Muscle Milk(R)」、NSF International承認のスポーツプログラムの認可を取得(2009/12/29)

▼AHD International社ら、LuraLean(R)含有の「Red Stuff(TM)」を新発売(2009/12/28)

▼ビタミンD不足で心臓疾患や脳卒中による死亡率が増加(2010/1/6)

▼シチコリンで食欲減退、ウェイトロス効果も期待(2009/1/5)

▼米国植物協議会、イチョウ葉エキスに関する新研究に対する意見(2009/12/29)

▼ビタミンCで、成人細胞から幹細胞を再生成?(2009/12/28)

グローバルニュートリション研究会のご案内はこちら

http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2010.1.5.火曜日

謹賀新年 GNGニューズレター新年特別号

新年明けましておめでとうございます。

年末と新年早々に興味深い記事が有りましたね。

サントリーがペプシ社のインフラを活用して中国全土で飲料の販売を開始し、アサヒビールがカールスバーグと提携して香港でスーパードライの販売を開始します。

二つの記事を読み、益々地球規模で物事を考える必要性を痛感しました。

グローバルニュートリション研究会の主旨は「グローバルセンス」を磨き、ビジネスのヒントを得て頂く事です。

本文にも書かせて頂きましたが、日本企業は物作り、技術、ハードでの優位性構築は得意としてきましたが、システムやコンセプトの創造では欧米企業に後れを取っていると思います。

ひとつひとつの商品力では日本企業の方が優れていると思いますが、インフラ作り、ビジネスモデル構築では欧米企業に及んでいない様に思います。

ヤクルトさんはビジネスモデルで海外進出していますので、各地で成功されていると思います。

中国市場では、米国MLM企業が圧倒的なシェアを獲得しています。
これも同様だと思います。

今回の記事で感じた事は、既に進出している海外企業との提携で一気に事業
を拡大する事も可能、という事です。

今までのオプションは、自社独自か、現地パートナーとの提携でしたが、海外企業との提携という新しいオプションもあり得る、という新しい発見がありました。

今年も幅広く情報を収集・分析をし、グローバルセンスを高めていく努力を惜しまず、皆さんに有益な情報を提供させて頂きたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2010年新年特別号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●2009年 健康食品企業トップ10企業及び販売チャネル動向
●注目市場動向(美肌市場、関節市場、ウコン市場、「ゼロ」訴求商品)
●特定保健用食品の市場動向
●行政・法規制・製品表示等の問題
●企業動向
●その他のトピックス

GNGニューズレターについてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/info_service.html#gyoukai
グローバルニュートリション研究会についてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54