GNG Blog

Welcome to GNG Blog! 株式会社グローバルニュートリショングループの代表取締役“武田 猛”が日々のメッセージをお届けいたします。

2009.12.25.金曜日

NPIcenter ニューズレター12月25日号:米国エナジーバー市場、約20億ドル規模に成長、ほか

今年最後のNPIニューズレターです。

米国バー市場について詳しく報告されています。
米国バー市場は約2000億円。日本の約3倍です(NBJ、富士経済)。
そろそろ市場にも飽和感が出ているようで、市場細分化が進んでいるようです。
細分化が進めば、ボリュームが小さくなり、イノベーションも起こりにくくなります。
今後は、プレイヤーにも変動があるかも知れません。
日本市場では、大塚製薬がシェアを落とす中、アサヒフードアンドヘルスケアがシェアを伸ばしています。

ウェイトロスからウェイトマネジメントとトレンドが動く中、バーは有力商材の一つだと思います。
ゼリー飲料の成長にも陰りがみられる中、バー市場は目が離せません。

1月5日は、GNGニューズレター新春特別号をお送りする予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月25日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Product News ハイライト
Nutiva社のココナッツオイルがAmazonのサイトでオーガニックギフト No1を獲得
Cyanotech社、スピルリナ パシフィカ マルチビタミンを発売
NutriCologyR 社、「Gluten-Gest」を発売
Sun Chlorella社の「A」タブレット、Whole Food Marketでの取り扱いを開始

●Research Newsハイライト
ピスタチオに抗炎症効果
Wellmune WGP、マラソンランナーの免疫力をアップ
レスベラトロールに夜間の視力改善効果

●Regulatory News ハイライト
カナダ保健省が、アサイー商品数種について警告

●Market News ハイライト
米国エナジーバー市場、約20億ドル規模に成長

●NPIアジアニュース
オーストラリアにおける食品・サプリメント規制

NPIニューズレターについてはこちら。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/world_info02.html

2009.12.24.木曜日

海外新着情報 2009/12/24

今日はクリスマスイブです。
今年最後の海外新着情報得です。

▼NXT Nutritionals社、消費者の要望に応えてベーキング使用の天然甘味料を発売(09/12/18)

▼DSM社、ナチュラル β-カロチン「CAROCARE(R)」を発売(2009/12/16)

▼抗酸化成分が豊富なフレーバーがお菓子のイノベーションを推進(2009/12/23)

▼聖書で関わりの深いハーブにコレステロール低下効果(2009/12/23)

▼食品に含まれるカロテノイドがアイヘルスに効果(2009/12/22)

カロテノイドの話題が2つあります。
米国では、ベーシックな素材でも継続的に情報が出てきます。

グローバルニュートリション研究会のご案内はこちら

http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2009.12.18.金曜日

海外新着情報 12/17

12/10〜12/16 の海外新着情報です。

▼Vital Nature社、子供向けブレインヘルスサプリメントを発売(2009/12/16)

▼Navitas Naturals社、オーガニックのワカメフレークを発売(2009/12/15)

▼クリルオイル「Superba(TM)」がEU Novel Foodとして認可(2009/12/11)

▼米国エナジーバー市場、約20億ドル規模に成長(2009/12/15)

▼カナダ保健省が、アサイー商品数種について警告(2009/12/15)

▼ダークチョコレートはDNAのダメージを予防−英国調査(2009/12/11)

最近、クリルオイルの話題を目にする機会が増えました。
日本では今ひとつ盛り上がっていませんが、欧米では着々と市場が作られているようです。

グローバルニュートリション研究会のご案内はこちら

http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2009.12.17.木曜日

NNBマガジン12月&1月合併号(Vol.2): 2010年の食品、栄養、健康市場における7つのミクロトレンド

先週ご案内できませんでした7つのMicro Trendsと欧州規制についての要約です。

2010年の7Micro Trendsは

1.プロテインパワー
2.キッズニュートリション
3.ハートヘルスとコレステロール低下食品
4.プロバイオティクスの新しい可能性
5.免疫
6.オメガ3
7.美肌

です。
日本で急成長している美肌食品が、欧米ではミクロトレンドに格下げとなっています。

Danone社Essensisの撤退や、Nestle社Glowelleがニッチに過ぎないというのがその理由のようです。

しかし、Supply Side Westではホットカテゴリーとして取り上げられていましたので、今後は期待されているカテゴリーです。

近年大いに騒がれたオメガ3ですが、大人をターゲットとした食品、飲料に添加した商品はあまり上手くいかなかったようです(サプリメントは、大成長していますが)。
ハートヘルス訴求の商品は継続使用が前提ですが、商品形態により明暗が分かれた素材です(子供向けのブレインヘルス商品は好調のようです)。

欧州の新ヘルスクレーム規制の影響が市場に与える影響も大きそうです。しばらくは目を離せない状況のようです。

New Nutrition Business誌についてはこちら。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/world_info01.html

2009.12.16.水曜日

GNGニューズレター12月15日号

今年最後のGNGニューズレターの内容です。

今号で目立ったのが、肝機能サポート商品と花粉症対策商品の新商品です。
2005年から400%以上の成長をした肝機能サポート飲料市場。一方、2004年をピークに殆どの商品が姿を消していった花粉症対策飲料。両者の違いは何か、について考えてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター12月15日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●佐藤製薬、アルミ缶入りの健康ドリンク「葛(くず)とウコン コラボの力」を発売

●味の素、お酒を飲んだ翌日のスッキリに役立つ「ノ・ミカタ」ドリンクタイプを発売

●セラバリューズ、サプリメント「ウコンのヒミツ カラダにしみこむクルクミン」2種類を発売

●JFLA子会社、季節の変わり目のサポート飲料「甜茶 ハーブブレンド」を発売

●サントリー、米、コンウェイ社を買収

●セブン&アイ、ネット通販事業に本格参入

●富士経済、美肌効果など19効能の健康志向食品市場調査結果を発表

など

GNGニューズレターについてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/info_service.html#gyoukai
GNG会員についてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2009.12.11.金曜日

NPIcenter ニューズレター12月10日号:トランスレスベラトロールに関する初の臨床試験、ほか

今号は、レスベラトロールの記事が3つあります。
その内二つがエビデンス関連です。

新素材の普及の前半フェーズは、エビデンスの蓄積期間です。
十分なエビデンスが蓄積されたら、消費者教育のフェーズです。

日本の場合は、エビデンスの蓄積が不十分なケースが多く見受けられます。
或いは、海外で取られたエビデンスをそのまま転用したりと。

早く収益に結びつけなくてはならない事は理解できるのですが、新素材の普及とは、本来お金と時間がかかる事を覚悟した上で取り組まないと、失敗すべくして失敗してしまうと思います。

業界内では、常に新素材が求められていますが、普及させる為には大変な努力も必要である事を忘れてはいけない、という事を気付かせてくれるニュースでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月10日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Product News ハイライト
Valensa International社、Aker社とクリルオイル「Superba(TM)」使用について契約締結
Naturade社、キッズ向けチュアブル免疫サプリメントを発売
Equateq社、Whey-O3を発売
初めてのレスベラトロール含有バー発売

●Research Newsハイライト
トランスレスベラトロールに関する初の臨床試験−DSM Nutritional Products社
ビルベリーエキスに結腸直腸癌の予防効果があるという臨床試験結果
レスベラトロールに夜間の視力改善効果

●Regulatory News ハイライト
Danone社、EFSAにヘルスクレーム評価を再申請
Nutrition 21社、ピコリン酸クロム使用のサプリメントをEUで販売開始

●Market News ハイライト
Perrigo社、OTC医薬品のグルテンフリー表示に意欲

●NPIアジアニュース
クランベリーパウダー「PACran(R)」、韓国での機能表示が認可される
コレステロール低下ジュース、フィリピンで発売

NPIニューズレターについてはこちら。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/world_info02.html

2009.12.11.金曜日

New Nutrition Business 2009年12月-2010年1月合併号 10キートレンド発表 キーワードは「体感」

NNB2009年12月-2010年1月合併号は、例年の通り”10 Key Trends”です。今年は更にミクロトレンドが7つあり内容が充実しています。

2010年の10キートレンドは
1.整腸
2.ナチュラリーヘルス
3.体感性−実感できるベネフィット
4.フルーツ
5.エナジー
6.抗酸化
7.ウェイト・マネジメント
8.スナック
9.パッケージとプレミアム化
10.ボーン&ムーブメント
です。

少し乱暴ですが、「体感できるベネフィット」「素材そのものの良さ」「商品の形態」「パッケージ」に要約できるのかな、と思います。

同じ「整腸」も、商品形態によって成否が分かれています。また、成長が鈍化してきたエナジードリンクもエナジーショットという形態に変えたところ、「2009年はエナジーショットの年」とまで言われる結果になりました。
日本も同じですが、ベネフィットにより食品・飲料かサプリメントかで成否が分かれるようです。
これは「モチベーションの強さ」と「使用シーン」が大きく影響しているのだと思います。
例えば、整腸分野ははヨーグルトや乳飲料の市場は大きいですが、サプリメントはそれほどではありません。食物繊維も同様です。

ヤクルトがアジアや米国で二桁成長をしているのも、大きなトレンドに乗っているからなのだと思います(むしろ、トレンドを作り出したパイオニアですが)。

来週はミクロトレンド7をお送りする予定です。

New Nutrition Business誌についてはこちら。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/world_info01.html

2009.12.9.水曜日

復活!宇宙戦艦ヤマト

12日(土)から、映画「宇宙戦艦ヤマト復活編」が上映されます。
実は私、典型的なヤマト世代です。
小学校6年生の時、TVで「宇宙戦艦ヤマト」を見てから、30余年、大のヤマトファンです。

初めて映画で「ヤマト」を見た時、そのスケールの大きさに感動しました。

「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」では、中学生ながら涙しました。

「ヤマトよ永遠に」では、映像の美しさに感動すると共にサーシャの切なさに、多感な高校生として感情移入しました。二度も映画館に行きました。

「完結編」では、一つの時代の終わりを感じました。

そしてついに、26年ぶりに、とうとうヤマトが復活します。

私は26歳年をとったのに、古代は16歳しか年をとっていない事に、不公平感を感じますが、偶然、同じ年頃の娘を持つ父親として同じ立場ではあります。

早速、12日の指定席をオンラインで予約しました(この辺りは、隔世の感が有りますね)。

どんな内容なのか、今からワクワクしています(実は、今週はとても大切なプレゼンテーションが有るので、本来ならそちらに集中すべきなのですが、血が騒いでしまいまして・・・・。)

26年の間に技術は格段に進化しています。
アニメとCDのコラボレーション。そして、ヤマトならではの音楽。
本当に楽しみです。

2009.12.5.土曜日

海外新着情報 12/4

11/27〜12/3の海外新着情報です。

▼Equateq社、Whey-O3を発売(2009/12/3)

▼初めてのレスベラトロール含有バー発売(2009/12/2)

▼Danone社、EFSAにヘルスクレームを再申請(2009/12/1)

▼2型コラーゲンの関節リウマチに対する効果(2009/12/1)

▼レスベラトロールに夜間の視力改善効果 (2009/11/30)

▼イチョウ葉が、末梢動脈疾患に効果があるという研究(2009/11/30)

欧米はサンクス・ギビングの時期でもあり、ニューズが少なかったようです。
その中でも、レスベラトロールの情報が2件ありました。
これからが楽しみな有望な素材です。

グローバルニュートリション研究会のご案内はこちら

http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54

2009.12.1.火曜日

GNGニューズレター12月1日号

先週のセミナーを機会に、5年間を振り返ってみる事が出来ました。
とても多くの新商品が発売されましたが、その後の成否は様々です。
その原因を追及する為に、いくつかの視点で考えてみました。

まず、何故お客様は健康食品を使用するのか?その本質的な目的を考えるために、4つのベネフィットによる類型化を行いました。
ベネフィット毎の市場規模、成長率を計算してみました。

次に、アンチエイジングという言葉を考えてみました。
確かに、アンチエイジングとは便利な言葉で、事業コンセプトや商品コンセプトを考える際によく使用される言葉です。
しかし、アンチエイジングのアウトプットは実に様々です。それを各機能面からアンチエイジングとの関わりを考えて、仮説レベルのマップを作成しました。

同じく、ダイエット・メタボについても考えてみました。
目的と難易度(特にストレス面での)の2つの軸により代表的なソリューションをマッピングしてみました。大きなトレンドがわかりました。

これらはいずれも私たちの仮説レベルのものですが、これからも進化させていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター12月1日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●佐藤製薬、健康活性化サプリメント「BION3(バイオンスリー)」をリニューアル発売
●永谷園、ぷるぷる食感のスープ「コラーゲン美人 参鶏湯」を発売
●サンスター、5つの美容成分を新配合のコラーゲン飲料「サレーヌ ナチュラサン Mコラーゲン」を発売
●富士フイルム、コラーゲン高濃度配合の美容ドリンク「アスタリフト ドリンク コラーゲン10000」を発売
●味の素、嚥下効果が期待できる「メディミル」プリンなど要介護高齢者向け「栄養ケア食品」を発売
●ナチュリル、アスタキサンチン高配合の美容サプリメント「アスタビータ アスタボーテ」を発売
●明治乳業、仏Yoplaitと提携し、ヨーグルトの新ブランド「meiji Yoplait」6品を来年から順次発売

GNGニューズレターについてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/service/info_service.html#gyoukai
GNG会員についてはこちらを。
http://www.global-nutrition.co.jp/special/index.php?id=54