GNG Blog

Welcome to GNG Blog! 株式会社グローバルニュートリショングループの代表取締役“武田 猛”が日々のメッセージをお届けいたします。

2018.3.18.日曜日

GNGニューズレター3月16日号:ネスレ日本、「健康アンバサダー」、食事の写真を送ると専門医がサプリ診断を行うサービス開始、ほか

ネスレ日本が面白い取り組みを始めました。
ファンケルと共同で進める「ウェルネスアンバサダー」ですが、契約した顧客一人ひとりに食事の写真を送ってもらい、専門医がそれを見た上で足りない栄養素などを診断し、それに合わせたサプリメントのカプセルを出します。
将来はプレミアムコースで血液検査やDNA検査なども手がける計画だそうです。
医師の診断を組み合わせることで、薬機法等の規制に触れることなく個人の身体の状態に合わせたサプリを定期供給でき、売り上げを安定的に増やせると見込んでいます。

一方、前号でも少し触れましたが、健食通販の不振が続いています。好調な企業も少なくありませんが、老舗の単品通販の業績が前年割れをしている例が見られます。
機能性表示食品制度がスタートして間もなく3年ですが、制度を活用して業績を向上させている企業は少なくありません。
本号では、これらについて俯瞰してみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2018年3月16日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●森永乳業、「トリプルアタック ドリンクヨーグルト」「トリプルアタック ヨーグルト」を発売
●森永製菓、「inバー プロテイン ヘルシーチキン」を発売
●大塚製薬、大豆バーSOYJOYから「SOYJOY クリスピー バナナ」を発売
●ユーグレナ、「飲むミドリムシ」シリーズから「飲むミドリムシ おいしいにんじん」を発売
●タカナシ乳業、機能性表示食品「タカナシ無脂肪乳 脂肪ゼロプラス 1000ml」を発売
●雪印メグミルク、特定保健用食品「恵 megumi ガゼリ菌SP株ヨーグルト」100gを発売
●ブルボン、「おいしいココナッツミルク PET430」を発売
●大塚薬品、「マルサイズ いいね!プラス」シリーズから「糖質が気になる方の親子丼」などを発売
●ネスレ日本、「健康アンバサダー」、食事の写真を送ると専門医がサプリ診断を行うサービス開始
●食品衛生法改正案、閣議決定
●1月の通販売上、健康食品は前年比4%減
など

2018.3.1.木曜日

GNGニューズレター3月1日号:ファンデリー、サラヤ社の自然派甘味料「ラカントS」を使用したヘルシー食スイーツ「北海道産小豆のどら焼き」を発売、ほか

2月19日に通販セミナーを開催しました。お忙しい中、ご参加して頂いた皆様、ありがとうございました。
そのセミナーのQ&Aで、「健康食品市場はこの数年フラットだが、魅力的なのか?」という質問がでました。
私に対しての質問では、ありませんでしたので、お答え出来ませんでしたが、私ならこう答える、ということをまとめてみました。

複数の調査結果、統計データからここ数年の健康食品市場の動向を、マクロな視点から整理をしてみました。
市場全体の国内消費はフラットですが、対象とするヘルスベネフィットや素材・成分により増減は様々です。
魅力的な市場もあれば魅力的ではない市場もありますので、商品戦略を立てる際にはこれまで以上に市場の研究が重要になると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2018年3月1日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本マクドナルド、特定保健用食品「サントリー黒烏龍茶250ml紙パック」を発売
●亀田製菓、カカオと玄米が融合したお茶にも合うチョコレート菓子「カカオ×玄米」を発売
●森永乳業、「タニタ食堂 監修のデザート レモンチーズケーキ3種の柑橘ソース」を発売
●らでぃっしゅぼーや、野菜ドリンク「みんなの健康を考えた野菜たち」を機能性表示食品として販売
●ポーラ、ポーラオリジナル成分配合の美容健康食品「ライズカーヴ タブレット」を発売
●ファンケル、「ディープチャージ コラーゲン」シリーズを発売
●日本水産、機能性表示食品のドリンク「わたしのみかた」を通販限定発売
●大塚製薬、エクエルブランドから「エクエル ジュレ」を発売
●明治、ゼリータイプのプロテイン飲料「ザバス プロテインゼリーヨーグルト風味/グレープフルーツ風味」を発売
●サントリー食品、イヌリン配合の機能性表示食品「おいしい腸活 流々茶」を発売
●TPCマーケティングリサーチ、糖質ゼロ・オフ食品市場について調査結果を発表
など

2018.2.16.金曜日

GNGニューズレター2月16日号:アサヒグループ食品株式会社、「メヂカラサプリ」を新発売、ほか

2年間に渡って行われた農水省委託事業を受託した公益財団法人食品流通構造改革促進機構が主催する「機能性表示食品セミナー・相談会」が、先週の新潟会場を最後に終了しました。
全国20か所で行われたセミナー・講演会を通じて、多くの生産者、食品メーカー、地方行政官、等多くの方の悩みをお聞きすることができました。
また、今週水曜日には、岡山で中国四国農政局が主催した「機能性等に注目した地域振興作物の生産拡大に関するシンポジウム」が開催され、私も基調講演とパネルディスカッションに参加させて頂きました。

「なぜ機能性表示食品の中で生鮮品がたったの1%なのか?」という質問に対して「地方自治体のサポートが不可欠である」と地方自治体の支援の重要性を説明させて頂きました。
また、会場からは「どこに聞きに行っても対応してもらえない。どこに行けばよいのか?」という、切実な訴えもありました。

機能性表示食品制度に限らず、栄養機能食品、栄養強調表示など、少し工夫すれば商品の魅力を伝えることが出来るようになるのに、制度の普及はまだまだです。
地方創生を掲げる政府も現状を直視して頂きたいと強く思いました。

今号では、好調な乳酸菌市場を多面的に分析してみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2018年2月16日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●キユーピー、バータイプのスナック「ヴェルデ 野菜ぎっしりバー あじわいオリーブトマト」を発売
●伊藤園、酒粕風味の便利な調味パウダー「おいしい乳酸菌」を発売
●日本製粉、「乳酸菌入りお好み焼き粉」を発売
●アサヒグループ食品、「ヘルシーバイト ゴジベリーとキヌアのアーモンドクランチ」を発売
●永谷園、粉末青汁「子供と一緒においしい!フルーツ青汁」を発売
●サントリー食品、ゼロカロリーの「デカビタC ゼロ」「デカビタCダブルスーパーチャージ ゼロ」を発売
●ハナマルキ、「からだに嬉しいしじみわかめスープ」を発売
●アサヒグループ食品、国産大麦若葉・ケール配合の「フルーツ酵素青汁」を発売
●ロート製薬、「ノビレチン×DHA」のサプリメント「ノビリンクEX」をロート通販で発売
●江崎グリコ、「ビスコ シンバイオティクス」を発売
●敷島製パン、低糖質シリーズ「低糖質ブラン食パン」を発売
など

2018.2.3.土曜日

GNGニューズレター2月1日号:消費者庁、葛の花由来イソフラボンの機能性表示食品を販売する9社に課徴金納付命令、ほか

先月27日に、日本食品保健指導士会のセミナーに参加してきました。
毎日新聞の小島正美記者、産経新聞の平沢裕子記者の2名が登壇され、メディアから見た健康食品についてお話をいただきました。
第3部では、フリージャーナリストの継田治生さんのファシリテーションによるパネルディスカッションでした。
とても面白い内容でした。
その際、東洋経済1月13日号の「間違いだらけの健康常識」についても話題になりました。
小島記者のプレゼンテーションの中で、メディアの違いによる記事(番組)の取り上げ方が参考になりました。
・週刊誌は、消費者の健康(科学的に正確な情報)よりも売り上げを重視。面白さに重点。
・新聞は、わかりやすさ、有用性を重視。
・テレビは視聴率を重視、面白さ重点。
ということで、わかりやすさ、おもしろさなどいろいろなバイアスニュースが登場する、ということだそうです。
なるほど、と思いました。

東洋経済は、これまで私が真摯に取り組んできたNMCDや㈱インテージ調査を、言葉は悪いですが悪用しました。
私が大切にしてきた場所に土足で踏み込んでこられた気持ちです。
今号では、NMCDやインテージ調査を正しく読み解いていただければと思い、事例を整理しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2018年2月1日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●キッコーマン飲料、濃いタイプのプレミアム豆乳「キッコーマン 北海道産大豆 無調整豆乳」を発売
●日清オイリオグループ、マカダミアナッツオイルなどを発売
●日清オイリオグループ、アスリートのエネルギー補給で「MCT CHARGE ゼリー」を発売
●日本製粉、苦味の少ない国産ケール「こいあおな」使用の「ケールのスムージー」を発売
●マルコメ、「ダイズラボ」より糖質オフの食パンミックスとパンケーキミックスを発売
●ユーグレナ、ペットボトル飲料「おいしいミドリムシ乳酸菌」を発売
●エスビー食品、チュアブルタイプのスパイスを発売
●キューサイ、「しなやか やわらか エラスチン」を発売
●アサヒ飲料、、「ディアナチュラ」ブランド初のプロテインパウダーを発売
●森永製菓、ドトールコーヒーとプロテインマシンを共同開発しスポーツクラブNASに設置
●消費者庁、葛の花由来イソフラボンの機能性表示食品を販売する9社に課徴金納付命令
●11月の通販売上、「健康食品」は前年比4.2%減
など

2018.1.10.水曜日

GNGニューズレター 2018年新年特別号

毎年、年末になると翌年の予測の特集が組まれます。
私は毎年、「日経ビジネス」、「東洋経済」、「ダイヤモンド」の3誌をまとめて読んでいます。
2018年の予測では、各誌とも機能性食品(機能性表示食品)について触れていますが、いずれも浅い内容でした。
ビジネス誌からはあまり期待されていないように思いました。

『マッキンゼーが予測する未来』(ダイヤモンド社)では「破壊的な力を持つ四つの根本的なトレンド」について述べられていますが、その一つとして「地球規模の老化」が取り上げられています。
『東京オリンピック後の日本経済』(小学館)では「「東京五輪後」の日本経済は、これまでの人類が経験したことのない、未知の世界へと突入していきます。」と述べられています。
この本でも少子高齢化が進み、政府が巨額の債務を抱える中では、社会保障費は削減される方向に進まざるを得ない、年金だけで豊かな生活を実現することは難しくなり「自助努力」が求められる、と述べています。
どちらの本も、長く元気で働く社会にならざるを得ない、その為には、健康に留意して、できるだけ長く働くことが求められる、と予測しています。

『10年後の日本』(東洋経済新報社)では、日本は「業界再編時代」に入ったと述べられています。
業界再編を避けられない三つの理由の一つに「人口減少を乗り越える必要性」として挙げられています。企業は「成長するパイ」ではなく、「縮小するパイ」を奪い合う、厳しい経営環境の下で業績を伸ばす必要がある、ということです。

人口減少という避けることのできない状況の中、健康食品市場はどうなっていくのか、昨年9月に実施された㈱インテージの消費者調査結果を基に考察してみました(昨年11月20日にレポート発刊済)。
健康食品市場の未来は決して暗くはありません。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2017.12.2.土曜日

GNGニューズレター12月1日号:厚労省、「食品衛生法改正懇談会取りまとめ」を発表、他

先週、6回目の監修をさせて頂いた「健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ市場実態把握レポート2017年版」が㈱インテージさんから発刊されました。
GNGでは、レポートをご購入頂いた企業様を対象に、レポート活用セミナーを開催させて頂きます。
実際にコンサルティングの現場で使用した事例などをご紹介させて頂きながら、レポートを有効にご活用頂けるよう、お手伝いをさせて頂きます。

「日経ヘルス」12月号では、「ラクにやせる 糖質・脂質のとり方の正解!」という特集が組まれています。
54ページにわたる大特集で、読み応え満点です。
一方、日本食糧新聞11月15日号では「糖質オフ・ゼロ商品に追い風 3層で取組み活発化、ブームから定着へ」とこちらも大きな特集が組まれていました。

今号では、「糖質制限」トレンドの定着について、過去の「日経ヘルス」の記事を中心に整理してみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2017年12月1日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ブルボン、持続系運動のパフォーマンスをサポートするシリーズをスポーツ用品店で発売
●ファンデリー、低糖質パスタ「CarbOFF」使用の糖尿病・高血圧の方向けパスタ3種を発売
●江崎グリコとプロントコーポレーション、アーモンドミルク「アーモンド効果」を使ったパスタを発売
●キューサイ、「ハニーズバー」でケール青汁使用の2層ドリンク「はにぃ~GREEN」を冬季限定発売
●セシール、「なた豆」サプリや「黒にんにくゼリー」などを発売
●すじ青のり(川のり)は抗アレルギーとスキンケア効果を持つ可能性
●(独)国民生活センター、健康食品等の定期購入に関する相談件数増加を発表
●食薬区分の運用見直しへ、「明らか食品」の機能性表示食品を対象に
●消費者庁、フォーデイズに連鎖販売取引停止命令
●消費者庁、食品表示の年末一斉取締り実施
など

2017.11.17.金曜日

GNGニューズレター11月16日号:消費者庁、葛の花由来イソフラボン含有の機能性表示食品販売事業者16社に措置命令、他

ご存知の通り、葛の花由来イソフラボンを使用した機能性表示食品を販売する
16社が措置命令を受けました。
多くのメディアが一斉に報道しました。
しかし、一部のメディアは、必ずしも正しい内容を報道していないと思いました。

葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分とする機能性表示食品は、45件の届出が公表済みです。
消費者庁表示対策課は「45商品のうち、違反していたのは今回の16社(19商品)のみ」と話しています。
つまり、残り29商品は合法的に販売を行っているにもかかわらず、一部の心無い企業のお陰で、風評被害を受けているということです。
一部の企業には、お客様からの問い合わせが絶えない、返品要求があるなど、影響を受けていると聞いています。
問題なのは、一部の企業の広告内容であるにもかかわらず、成分や科学的根拠に問題があるように読者をミスリードする報道も見受けられたことです。
報道する側にも、正しい理解を求めたいと思います。

いよいよ来週、「健食・サプリメント+ヘルスケアフーズ市場実態把握レポート2017年版」が㈱インテージさんより発刊されます。
GNGでもこのレポートを取り扱っています。
ご購入いただいた企業様には、監修者武田によるレポート活用セミナーに無料でご招待させて頂きます。
日程的にご都合の悪い方には、GNGオフィスによる個別セミナーを実施します。
セミナーには、個別相談の時間も設けています。
ご関心のあるかたは、お気軽にお問合せ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2017年11月16日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ロック・フィールドとニチレイフレッシュ、「オメガバランス」ミート・「あまに牛」を使用したメニューを発売
●味の素、「カプシEX」(機能性表示食品)を発売
●協和発酵バイオ、コラーゲンペプチド配合サプリメント「協和発酵バイオのまいにちコラーゲン」を発売
●ローソン、ブラン配合のパスタ麺を使用した「NL 鶏ささみとチーズのブランパスタサラダ」を発売
●大塚製薬工場、運動やリハビリに必要な栄養を考えた飲料「リハデイズ」を発売
●わかさ生活の「ボディリカバリー」、国際的アンチ・ドーピング認証プログラムを取得
●味の素、米医療食品会社を完全子会社しメディカルフード市場に本格参入
●明治、ヨーグルトによる機能性ディスペプシア症状(食後のもたれ感など)の軽減効果を確認
●ハウスウェルネスフーズ、独自開発の「複合スパイスエキス」に虚証の自覚症状を改善作用を確認
●厚労省、シアン化合物含有食品に「びわの種子」を追加
など

2017.11.2.木曜日

GNGニューズレター11月1日号:消費者庁、機能性表示食品の臨床試験と安全性の評価内容の検証事業報告書を公示、他

㈱インテージさんの「健康食品・サプリメント使用実態調査」の監修作業をやっと終えることが出来ました。
46のヘルスベネフィット、原料(素材・成分)は3つ増えて70成分についてそれぞれデータを読み込み、簡潔なコメントを付けました(4行以内にまとめるのは、なかなか大変でした)。
今年で6回目となるこの作業ですが、時間はかかりますが市場や消費者行動の理解が深まり、得られるものも多くあります。
トータルの市場推定規模は昨年から2年連続で微減でした。機能性表示食品制度で盛り上がりを見せる業界ですが、市場はフラットです。
勿論、ヘルスベネフィットや原料(素材・成分)によっては、3年連続で二桁成長しているカテゴリーもあり、全てが不振という訳ではありません。
11月20日の発刊予定です。ご関心のある方はお気軽にお問合せ下さい。

本号では、市場の捉え方について考えてみました。
商品開発やマーケティング戦略立案のお役に立てば幸甚です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2017年11月1日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●井藤漢方製薬、子供向け栄養サポートサプリ「キッズハグ 肝油」を発売
●森永乳業、栄養機能食品の果汁飲料「サンキスト スーパーフード」2品を発売
●亀田製菓、「23g 玄米果実 ベリー味/オレンジ味」を首都圏のコンビニで発売
●セティ、スポーツ分野向けサプリメント原料の供給開始
●伊藤園、キャップ内の粉末緑茶とボトル内の天然水を振って混ぜ合わせる茶飲料を発売
●景品表示法違反で相次ぐ措置命令と謝罪広告
●食衛法違反でびわの種粉末の健康食品、2例の自主回収
●順天堂大とヤクルト、プロバイオティクス飲料の継続摂取がⅡ型糖尿病患者にもたらす効果を発表
●消費者庁、機能性表示食品の臨床試験と安全性の評価内容の検証事業報告書を公示
●今年9月の通販売上、「健康食品」は前年比4.5%減
など

2017.10.16.月曜日

GNGニューズレター10月16日号:食衛法改正懇談会、健康食品GMPの対応強化へ、他

今週水曜日(18日)に、データマックス主催セミナー「成功する健康食品の条件とは?」の準備をしています。
内容的には「成功する健康食品ビジネス」についてとなりますが、実際のコンサルティング現場で使用したフレームワークやケーススタディ、市場分析などの実例をご紹介し、参加者の皆さんが自社のビジネスを具体的に考えて頂く際のご参考になる内容になるように、と考えています。
実際には、業種、職種の異なる方々が参加されますので、全ての方が全ての内容をご参考にできる訳ではありませんが、一つでもヒントをお持ち帰り頂ければと思っています。

実際に過去のプロジェクトを振り返ってみますと、時代の流れを感じましたが、基本的な考え方、ビジネスの本質は変わっていないことを改めて確認することが出来ました。
ビジネス環境が変化し、テクニックは常に進化していますが、成功するビジネスには、やはり共通するものがあると思います。
また、一見大きな売り上げをあげた新商品が、結果的には、事業全体にとっては決して好ましいことではなかった事例もありました。
商品だけではなく、事業全体で商品戦略を考えなくてはならない、ということを改めて確認することも出来ました。

本号ではその一部のデータをご紹介させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2017年10月16日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●サプリメントメーカーの龍泉堂、脳機能改善素材を発売
●勝山ネクストステージ、「仙台勝山館MCTオイル」を使用した無添加ソーセージを発売
●ヤクルト、乳酸菌飲料「シンバイオティクス ヤクルト W」を発売
●協和、HMB配合の粉末サプリメント「パワフルウォークHMB」を発売
●「葛の花由来イソフラボン」の機能性表示食品で相次ぐ謝罪広告
●日本水産、生活機能科学研究所が白身魚タンパク質の筋肉増加効果について発表
●食衛法改正懇談会、健康食品GMPの対応強化へ
●インタートレードの「はなびらたけ」、RIZAPの惣菜メニューに採用
●今年8月の通販売上、「健康食品」は前年比0.4%増
など

2017.10.3.火曜日

GNGニューズレター10月2日号:消費者庁、「機能性表示食品に関する質疑応答集」を公開、他

先月は、Vitafood Asia(シンガポール)とSupplySide West(ラスベガス)の2つの展示会を視察してきました。
詳細は現在作成中のベーシックレポートにてご報告をさせて頂きますので、ご希望の方はお申し付けください(GNG研究会会員様限定、無料です)。

米国サプリメント市場は相変わらず堅調で、3~4%の成長を維持しているようです。
現地コンサルタントによると、伸びている素材・成分は、
・ビタミンD
・ビタミンK2
・プラントベースのプロテイン
・プロバイオティクス
・コリン
・ベリー類(マキベリー、ブルーベリー等)
とのことです。

今年も、㈱インテージによる大規模消費者調査が実施されました。2012年に第1回の調査が行われて以来、今年で6回目となります。
継続して実施されてきたこともあり、多くの知見が蓄積されています。
私も第1回から継続して監修をさせて頂いており、コンサルティングの現場でも活用させて頂きました。
今回から数回に渡り、インテージ・レポートのデータを用いて、近年の日本市場のトレンドを整理してみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■GNGニューズレター 2017年10月2日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ロッテ、「ひとくちスムージーグミ」と「マヌカハニーキャンディ」を発売
●三菱食品、有職女性向けの健康・美容訴求菓子「ROYAL BEAUTY シリーズ」から4品を発売
●森永乳業、夜のカラダケアが期待できる機能成分を配合したドリンクなど発売
●赤城乳業、栄養ドリンク味のかき氷を入れたアイスキャンディー「ガリガリ君元気ドリンク味」を発売
●カゴメ、機能性表示食品「カゴメ野菜ジュース」7品を発売
●日本生協連、レインフォレスト・アライアンス認証マーク付きのハイカカオチョコを発売
●信大発、ナスでベンチャー 農学部准教授ら健康食品開発へ設立
●消費者庁、「機能性表示食品に関する質疑応答集」を公開
●愛媛県、晩柑果汁の認知機能で用途特許出願
など